TOP > 子供よもやま話 〜ミセス限定部屋〜

子供よもやま話 〜ミセス限定部屋〜

子育ての苦労、子育ての喜び、子供自慢、教育論…お子さんに関することなら何でも、このコーナーに書いてください。

みなさんのコメント

[No.1459]

知らない人について行かないのは分かるけれど、近所のおばちゃんの良い人か悪い人か見分けさせる以前に、頭からダメと言っている感じですね。変に気を許して、少しの事でも裏切られたくないというんでしょう。近所だからって、すぐに親戚付き合いする訳じゃないし、地域で子供を育てるなんて一部の人でしかないね。

[No.1458]

1かゼロか、みたいな極論から極論に走る、視野が狭くて思い込みの激しい人間が増えたってことなんだろうね。みんながみんな、そういう犯罪者ばかりじゃないのに、全員そうだと決めつけられたら、その人自身が孤立するばかりだし、子供に人を信じる心を教えられない親って話だよね。…とは言っても、安全を考えると、勝手に子供がホイホイ知らない人についていかないようにする知恵を授けることは、なかなか出来ないんだるうなぁ。

[No.1457]

このごろ、小学生連れ去りとかあるので、近所の小さい子供を連れたお母さんが知らない人には冷たくしなさいという態度で接される。1%の人のために、世の中、ギスギスしてきている。

[No.1456]

↓そういうオバハンの子供なんでしょう。小学生くらいだと、母親の行動通りに動くから。

[No.1455]

朝の通勤・通学路で、小学生の女の子が4人で歩道をふさいで歩き、迷惑なことこの上ない。しかも、前から人が歩いて来ても、よけない。よけないどころか、睨み返している。将来、どんなオバハンになるんだか。

[No.1454]

友人の子供がマウンテンバイクを欲しがっているらしい。どうせすぐに飽きて乗らなくなるから、中古でちょうどいいというので、我が家に置いてある自転車(外国製)を使わないなら、欲しいというんだけど。使わないけど、人にはあげたくないというのを、言っても傷つかないかな。

[No.1453]

間違いは間違いで、文句とは違う。混同している大人も多いので、へんな育ち方するんでしょう。

[No.1452]

親に探究心が無ければ子供にも芽生えないとは思います。

[No.1451]

勉強した上での間違いならいいけどね。なんか基本的な態度が。

[No.1450]

親は完璧ではないよ、間違いがあったからってイチイチ、文句言うような大人にならない方が大事かと。

[No.1449]

動物園、水族館、などはある意味「勉強」(たのしい勉強)なのに、遊園地感覚で考えてるんだね。もったいない。それでいて塾には通わせるんだから、変だよね〜。

[No.1448]

パンダのシャンシャンを「男の子よ」と教えてる母親もいたよ。無茶苦茶だね。ちょっとは勉強してから来ようよ。(笑)

[No.1447]

上野動物園にて。ここのサル山は「ボス」がないなくて、看板にも「ボスはいません」と書いてるのに、子供に「たぶんあのおサルさんがボスよ、おっきいね〜」と教えてる母親がいた。自分の子供の頃の記憶で言ってるんだろうけど、いい加減なことを教えると、子供が可哀そうだよ。

[No.1446]

友人の姪に子供が出来たというので、ベビー用品を買いに同行した。ブランドのものばかりを見て、有名ブランドのものに決定。6ヶ月くらいの子が着るピンクのつなぎも可愛かったし、プレゼント包装も素敵だったけど、お値段が4万円くらい。そういうのをプレゼントする人っているんだね。

[No.1445]

↓お盆に孫に「お盆玉」というお金をあげるお年寄りも多いそうですね。

[No.1444]

6ヶ月の子供を「ハーフバースデー」と言って祝い、10歳の子供を「2分の1成人式」と言って祝う。少子化で、子供に手間を掛けたくて仕方ないんだなと思う。

[No.1443]

旧い人、若くても旧い考えの人は、風評…迷信…慣習…そういうものに影響されやすく、ちょっとやそっとでは自説を曲げない、ってことですね。

[No.1442]

公園で遊ぶなとか、保育園に入るな、とか、まるで福島からの避難者の子供が放射能を帯びていて、それが他人に伝染するかのように言う人がいるんですよ。更に、山梨県では、非難者が近隣の保育園に子供の入園を希望したところ、「原発に対する不安の声が他の保護者から出た場合に保育園として対応できない!」と、入園を拒否したとか。保護者にそういうことを言う人がいても、それを説得するのが教育機関の義務なのに、親はもちろん、保育園も含めて、恐ろしいほどの事なかれ主義、強烈な差別ですね。

[No.1441]

差別的に「危険だから福島の子と遊ぶな」と、じいじやばあばに言われた…っていう小学生もいましたよ。

[No.1440]

↓少子化で、親だけでなく、じいじやばあばが、子供を猫可愛がりして、「しつけ」なんてどこかに行っちゃってるんでしょうね。そういう風潮が、キレやすい子供やいじめなど、精神的疾患を生んでいるんだと思う。

[No.1439]

>1430
私も、靴のまま電車の座席で飛び跳ねてる子供を見ました。サラリーマンっぽい父親に注意したら、「この靴は買ったばかりだ」と、わけのわからない言い訳。買ったばかりだから座席が汚れない? 買ったばかりで子供が脱ぎたがらない? 結局、脱がせませんでした。

[No.1438]

母親である必要は無いけど、養育者が一定しないのは悪影響があるみたいね。保育士さんがしょっちゅう変更になって、子供が不安定になった時期はあったよ。

[No.1437]

↓要は「ワンオペ育児」を正当化するための神話ね。

[No.1436]

「3歳神話」は、仕事復帰を願う女性に、義母たちが決まったように使う「科学的根拠」なので、半分呆れて「3歳神話」と言うんです。要は「ヨメは仕事は控えろ」って言いたいだけ。そして自分の息子には「男は仕事だけでいい、育児なんて手伝う必要無し」と甘い。つまり、昔の考え方。そういう時、「3歳までは…」と、もっともらしいことを言うんですよ。世界中、そんな説を唱える科学者はゼロです。

[No.1435]

3才までは、保育所に預けずに、手元で育てた方が良いと言うのは、神話なんですか?三つ子の魂百までということわざの通りかなと思ってましたけどね。脳が出来るまでは、親がダッコしたり、スキンシップがあった方が将来、自立する子になるとか。色んな説があるから、それを信じるか信じないか、将来どういう子になるか、結果が出るまで時間がかかるだけに、何とも言えないですね。

[No.1434]

↓そういう男社会に媚びて、最近の女性を叱る女性文化人もいますよね。細木数子とか曽野綾子みたいなオバサン。

[No.1433]

知り合いに「子供が3歳になるまでは女性は仕事は控えるべき」という、「3歳神話」の信奉者がいて、そうでない女性を「仕事なんかすれば子育てが手抜きになるに決まってる」「母親失格」などと言っている。それはもう「信仰」に近くて、他の意見なんて聞く耳を持たない。困ったものです。

[No.1432]

↓そういう習慣が、いじめを平気でする「わんぱく」や、大学の集団レイプなどの「やんちゃ」を生み出すんだと思う。親とか、周りも悪いよ。

[No.1431]

↓あるよね。男の子に寛容な習慣が。しつけのされていない子供を「わんぱく」と言ったり、浮気を繰り返す芸人を「やんちゃ」と言ったりする習慣。

[No.1430]

まるでしつけのされていない子供、1427にあるような、靴のまま電車の座席で飛び跳ねてる子供を、「元気いい」と好意的に見る習慣がまだあるんですよね。電車で、そういう子供を注意した人に対して、「子供はそのくらいの方がいいんだよ!」と、逆ギレしてるオジサンがいました。

↑PAGE TOP


モバイル

QRコードで、アクセス!

会社生活の友 QRコード

http://kaishaseikatsu.jp/m/

そうだ京都、食べよう。