TOP > OLのつぶやき 〜OL限定部屋〜

OLのつぶやき 〜OL限定部屋〜

グチ、マイブーム、嬉しかったこと、笑える話…日常生活の中で、思わず誰かに聞いて欲しくなったことを、ここに何でも書いてください。

みなさんのつぶやき

[No.6254]

結婚なんて、運みたいなもん。必死になってるときは、逃すけど、力が抜けているときは、見つけやすい。縁は異なもの、諦めずにいるといいこともあるかも。がんばれ〜

[No.6253]

しょうがないよ、独りぼっちなんだから。ずーっと一人だよ。No.6242なんて自分で優しい独身者とか書いてしまうんだよ、悲しい存在だと思わない?生きていくのが嫌になるレベルの悲しさだと思うよ。それでも何とか働いて見栄と意地で保ってるだから僻みくらい多めにみてあげようよ。可哀想な人たちなんだよ、結婚は媚をうらないと出来ないと思ってるんだよ、そんな状態の人なんだよ、察してあげようよ。

[No.6252]

↓モテないアラフォーって、なんでこんなにひがみっぽいの?

[No.6251]

いつの間にか、結婚してたんなら、男をだますのが、よっぽど上手いんですね、その性格の悪さなら。(笑)

[No.6250]

↓あ〜あ、「必死で媚を売って、やっと結婚したんだろう」という書き方が、頭でっかちの独身者っぽいですね。自然に結婚できる人って、媚びとか努力ってものじゃない。いつの間にか相手のことを好きになって気がついたら結婚してた…そんなもの。だから、結婚する前に、6242みたいに、非婚率だの知り合いのDVだのを持ち出す人にうんざりするんです。

[No.6249]

↓↓こういうことを書くのが既婚者で、こんなに性格の悪い人が、必死で媚を売って、やっと結婚したんだろうし、結婚して尚、こんなに性格が悪いなら、結婚しない人の方が魅力的ですね。(笑)

[No.6248]

結婚してても、そうやってバカな人を見下げる態度をとるから、旦那は外に女を作るんでしょうね。結婚しても、そんなことしか書けないのなら、人徳や魅力があるから、結婚したわけでもなさそうだから、旦那は結婚を後悔してそうですね。

[No.6247]

↓完全に結婚を否定するのではなく、私は安易に結婚しないが、60歳70歳の成功例もあると、希望を残しているわけですね。

[No.6245]

結婚していない人で、気の強い女性が必ず言うことは…
●非婚率の数字
●知り合いの知り合いがDV、浮気、嫁姑問題だという話
●60歳70歳の初婚で幸せをつかんだ奇跡的な話
など、お決まりですよね。

[No.6243]

↓↓きれいごとで、女性の自立とか言ってる正反対の世界が、現実にはあるわけですね。

[No.6242]

↓仕事の出来ない僻みを、そうやって意地悪くぶつけるのは、自分では何も出来なくて、思い通りに動けなくて、結婚しても幸せじゃないからですかね。(笑)結婚してても、最近は離婚者も多いし、成婚に至ったカップルの半分は、どちらかが再婚者らしいですよ。(笑)しかも、50才で独身者は、全世帯の34%を超えてますからね。(笑)たとえ生涯独身でも、気にしなくていいと思います。↓の性悪な既婚者で惨めな発言をする人間に成り下がるより、優しい独身者の方が充実した人生になりますよ。

[No.6241]

アラフォーで仕事が出来てお給料も多くもらっていて趣味のいい女性は、結婚に向かないのでは? ドクターXだって結婚してないでしょ(爆笑)。現実の米倉涼子も失敗した。お笑いで人気の(=お笑いのドクターXとも言える)久本雅美や光浦靖子もできそうにない。ああいう人は自虐ネタが商売になってるからいいようなものの、一般人なら仕事が出来ても落ち込むよね。

[No.6240]

アラフォーで仕事が出来てお給料も多くもらっていて趣味のいい女性より、婚活市場では、25歳の平凡なルックスの一般職で働く女性のほうが、確実に需要がありますね。ふだん楽しい生活を送っている報いのように、婚活では厳しい仕打ちが待っている。

[No.6239]

またひとつ歳取った。アラフォー婚活はキツい。(笑)

[No.6238]

11月も半ばになると流行語大賞、トレンド大賞、紅白出場者などが続々発表されて…もう1年が終わりかと思うと、早いなあ…。

[No.6237]

家事もお料理も子育ても労働ですけどね。手を抜こうとせずに立派にできるならいいんじゃないのかな。そんなに器用じゃなければ、専業でしっかり勤めようとする人があってもいいでしょう。何を世故世故としているのかと思われるのも嫌なんでしょう。

[No.6236]

↓悲惨なのは、そうやって、人に頼るだけの自分を美化して、現実が見えてない人のほうだと思いますが、たかり続ける生活に励んで頑張ってくださいませ。

[No.6235]

書き忘れました。せびる、たかる、食わせてやるという発想ばなりの人は誰といても孤独でしょう。会社で働いて自分だけで生きていくのは当然の事だと思います。そんな貴方が既に今、悲惨にみえますけど当然のことです。頑張ってくださいませ。

[No.6234]

↓金持ちぶっても、自分では稼ぐ力のないヒトほど、そうやって、階層が違う、みたいなことを書きますね。(笑)

[No.6233]

(笑)そんな人たちしか周りにいないんですね。そういう層の人だと思うことにします。

[No.6232]

タカる子供はいなくても、とにかく働き続ければ、自分の年金分として、生涯受けとれるから、迷惑をかけずに済むけど、子供がいても、その子供にタカるどころか、逆に金をせびられても、自分の老後の生活費は渡せないのに貯金をあてにされるようなケースもイヤだから、自立してた方がいいのに、そこは考えてない人の方が多いみたいですね。

[No.6231]

↓相続税が大きくなる、遺産額が引き下げられたので、相続する遺産額はあまり多くなくても、相続税を支払わされると、残額でどれだけ老後の資金にあてられるかは、怪しいものです。おまけに、貯金だって、年金は働いていた当時より少ないものだから、夫の存命中から目減りし始めるので、平均寿命が男性より5、6年は長い残りの生涯を、その残高で生きていかなくてはならないので、本当にしっかり資産の計画を立てて働いておかないと、悲惨なことになると思います。

[No.6230]

たかるような子供すらいない貧困層の独身者のドキュメンタリーはよく見かけますが、専業主婦もそういうものを取り上げれば少しは意識が変わるかも知れませんね。ざっと見たネットでの知識ですが、40代から社会保険に入れる仕事に就く女性も増えているそうですから、何も考えていない女性ばかりではないように思います。キラキラなんて本気で信じている女性はそう多くは無いのでは。

[No.6229]

私も数年しか働いていませんが、ある程度の生活が出来ている家庭なら年金以外に貯蓄、夫の退職金、個人年金もかけているのでは。自分の実家から相続する分もあるので、むしろ相続税の準備といった話はよく出ますよ。そういう資産が無く専業主婦をしている家庭というのはどれくらいあるんでしょう。地方にいたときは、子供の小学校では親と同居で共働きが多かったですね。収入が少ない家庭で専業主婦という人はそんなに多いんですか?

[No.6228]

↓結婚前に働いただけのわずかしかない女性の年金の話をしてるんですが。夫の年金は、夫が生きてる間だけしかもらえないんですよ。遺族年金に切り替わると、支給額は、グッと減る。そういうことも考えずに老後は子供にたかればいいと思ってれば、平気なんでしょうね。年金支給年齢を、更に遅れさせられたら、専業主婦の人の生活は、老後は悲惨なものになりますよ。

[No.6227]

転勤族だし子供小さいから専業主婦だけど、老後の資金て夫の年金だけしかないものだっけ。周りにもそんな人はいなさそうだし、もさ貧乏な家庭なら働いてるんじゃないの。それに夫は俺の金でなんて考えてないよ。それを言ったらモラルハラスメントだから、ちゃんと意識した方がいいよ。

[No.6226]

↓この、意識の低さが、年金の額に出ていると思います。男性は、働き続けるから、定年後には、14、5万は最低でももらえるけど、女性は、5、6万ですからね。そんな額で老後は暮らせないのに、働ける時期には旦那に養われ、老後は子供に養われて、人のお金で食べさせてもらって、恥だと思ってないからね。家事をしたくない男の犠牲になる代わりに、金をたかりながら生きてるようなもの。

[No.6225]

↓社会進出を、出世というか、役職者になることを意味するなら、してないことになるだろうね。でも、女性の意識は、残念ながら、それより更に低いです。まずは、専業主婦になりたがる人の意識を変える方が先だと思います。病気や事故は別として、人に養ってもらわないとイヤみたいな状態が、根底にある限り、女性の社会進出というか、収入が低いままです。

[No.6224]

大した仕事ではないけど自分は満足してる=キラキラ輝いている、ってことですよ。重要な商談をまとめた男性営業のことは、「輝いている」なんて言わない。「結果を出した」と言う。それに対して、営業アシスタントの新人女性とか、パートのシングルマザーを「輝いているね」「何事にも一生懸命だね」なんて言う。仕事の成果でなく、あくまで「本人が満足してる」ってことなんだよね。それって、家事手伝いよりマシくらいの意味で、女性の社会進出とは程遠いのでは?

[No.6223]

流行語のようなもので、そんなに深く考えなくても良いと思う。

↑PAGE TOP


モバイル

QRコードで、アクセス!

会社生活の友 QRコード

http://kaishaseikatsu.jp/m/

そうだ京都、食べよう。