TOP > 気になる番組 〜OL限定部屋〜

気になる番組 〜OL限定部屋〜

ワイドショー、バラエティからニュース番組まで、ドラマ以外のTV番組については、こちらへどうぞ。

気になる番組

その番組について貴女が思うことをどうぞ。

みなさんのコメント

[No.2656]

彼は人情の機微とかが分かってなくて、いつも板尾創路などを出したシュールなコントだけ。そういうのは無料のテレビならいいけど、映画でやられてもねぇ。

[No.2655] ダウンタウン松本

松本は、映画監督や小説家としての才能が無く、司会と漫才の才能だけだから、いつまでも浜田とコンビを組んでいられる…って喜ぶべきなんですよね。

[No.2654]

大昔の話だけど、やすしきよし(横山やすし、西川きよし)も、きよしが議員になってから、やすしが嫉妬みたいな複雑な感情を抱えて酒に逃げるようになって、コンビが崩れたって経緯があるから、又吉は芥川賞をとったことで実質コンビが崩れているし、ビートたけしも映画で成功する前にコンビとはやっぱり崩れているから、才能がありすぎるとコンビが崩れていくところもあるってことを考えると、普通にコンビを組み続けることが出来ることを、もっと喜んでいいと思うんだけどな。コンビとして残っているのは、ウッチャンナンチャンとこのダウンタウンくらいなものなのに、なんかもったいないね。

[No.2653] ↓↓

ダウンタウン松本が余計なことするのは、たぶん松本は、「世界の北野」「芥川賞の又吉」に対して、内心コンプレックスがあると思います。お金なんてそこそこ稼げば、あとは別荘とかクルーザーとかしか使い道が無いから、あとは「格」みたいなものが欲しいんでしょうけど、自分には手に入らない。で、ますますゲスな方向に走ってる。映画や文学でなくても、お笑いだけでも、チャップリンみたいに社会風刺もできるはずだけど、そういうことも興味ないだろうから、要は底が浅い人なんですよ。

[No.2652]

残念ですが、世の中には、そういう下世話な話がしたくてたまらない人達って、存在するみたいなんですね。ダウンタウンは、そういう人達からの需要がある芸人なんだろうと思います。美容院に置いてあるような女性週刊誌を必ず買って家で貪り読んでいたり、会社での噂話が大好きな人達って、そういうの大好きな人が多いですよ。嫌う人が多ければ、出演番組も減るんでしょうけど、そうならないのは、それだけ下世話な人達からの支持が強いということなのだと思います。

[No.2651]

ダウンタウン松本がたけしを真似て何本も映画作っても、底が浅すぎて、1本も当たらないじゃん。又吉直樹みたいに文学も書けないし、天才と周りが言っても、お笑いと司会だけの才能だと思うよ。なのに、なぜ余計なことをするんでしょうね?

[No.2650]

タモリさんや爆笑問題、オリラジ中田あたりは、知性派ですよね、学歴がどうこうじゃないけど、やっぱりダウンタウン一派はゲスだと思う。実際、松本は中田をいじめたりしてますね。でも、そんなダウンタウン一派がテレビ界を牛耳ってることを思えば、視聴者もあんまり知性派を求めていないのかなと思いますけどね。

[No.2649] 関西芸人

ダウンタウン始め、なんであんなに下品? 彼らが司会する番組にラグビー選手などが出ると、ダウンタウン浜田あたりは必ず「ぶっちゃけ、女、寄って来ますやろ?」とか聞く。それが「視聴者目線」で、みんなが興味持ってるこtpだと思ってるんだね。芸人仲間がホステス相手に浮気してる感覚。タモリさんや爆笑問題、オリラジ中田あたりはそうじゃないけど、彼らはダウンタウン一派(宮迫、千原兄弟、小藪など)と仲が悪い。

[No.2648]

飛行機にただ乗るだけじゃなくて、ファーストに乗れなくても、ビジネスクラスにしょっちゅう乗って、世界中のあちこちを「仕事」で飛び回るのがステータスな世の中だから、ハイパークリエイターって、謎の職業の人が自慢したくなるのは、自分の仕事は世界で需要があるんだ、その辺の零細で社長と威張ってる人とは仕事が違う、と言いたいがための、遠回しの自慢です。

[No.2647]

環境に悪いと自覚しつつ「やむを得ない」という意識ならいいけど、2642のチャラチャラしたクリエイター?みたいに、飛行距離を自慢するようなのはいただけない。法的には問題なくても、環境問題は法を超えてる。

[No.2646]

仕事でしょっちゅう飛行機使うし、娯楽は船で移動なんて現実には恵まれた人しかできないよ。日本は島国だし、旅行や若者にぜひ世界のいろいろな文化をみてほしいと進めるときに、でも船でって無理じゃない?グレタさんは子供だからそれでいいんだろうけどね。

[No.2645]

沢尻エリカの元夫は、逮捕された沢尻エリカを見て、別れて正解だった、くらいに思ってるんじゃないかなあ。

[No.2644]

そのチャラチャラしたハイパーメディアクリエイターみたいなやつの自慢話を聞くと、グレタさんの生真面目さが痛々しい。

[No.2643]

その内、ちょっと変わった、スティーブ・ジョブズみたいな発明家が出てきて、二酸化炭素を出さずに飛行が可能な乗り物を考案してくれるかもしれないですから、それを気楽に待ってたら良いと思います。それまでは、省エネの効率が良い品を購入するように地味な努力を続けるくらいでしょう。

[No.2642]

ITベンチャー系は環境に無関心ですね。ハイパーメディアクリエイター高城剛さんは、半年に25カ国に飛んだことが自慢だそうで、そのうち米国は7都市、中国6都市、香港は6回、フィジーは4回、シンガポールは3回。そのうち年間100カ国渡航する日も近い(笑)だとか、なにが(笑)なんでしょうね。

[No.2641]

グレタさんのいう絶対ではないので当然だと思います。実際、欧米ではだんだんと過激な思想は下火になっているそうですよ。飛行機を否定することは、日本人は船しか外へでる手段がないということです、定着するはずがありません。マスコミがいくら煽っても現実は異なる、というはどこの国でも企業でも同じです。

[No.2640]

HISなんて、環境のことはまったく考えてないでしょう。自社の株価のことだけで(笑)。

[No.2639] 旅行会社などの提供番組

JALや旅行会社がスポンサーのワイドショーでは、飛行機を否定するグレタさんの話題は出せませんね。

[No.2638] YouTubeの「芸能チャンネル」

YouTubeの「芸能チャンネル」とかって、ヒドイですね。沢田研二さんのヨメは田中ひろこさんです、とか平気で読んでる。何も知らない人が作り、誰もチェックもしてないのが丸出し。

[No.2637]

同感!あと、神田正輝と勝俣もね。

[No.2636]

前も書きましたが、向井亜紀と三船美佳には、どうも好感が持てないな。

[No.2635] 朝だ!生です旅サラダ

女性レポーターがバークレーで一人でレストランに入り、「知り合ったばかりの人たちとすぐ仲良くなれる」「旅行の楽しみのひとつです」とか言って男性に可愛いとか言われてだけど、なんか危ない考え方だな。

[No.2634] 松本人志

少なくとも「権力者を皮肉る」ギャグは一切しませんね。性的少数者、貧困層、引きこもりなど…弱者を小馬鹿にするギャグしかしない。テレビを見てる中間層あたりから見れば、それが痛快なんだろうけど、そういう笑いって、弱い者いじめと変わらない。

[No.2633]

それでいて、権力者にはめちゃくちゃ媚びを売るよね。「ワイドナショー」に安倍総理がゲストで来た時、「ボクのお爺ちゃんが愛した明治時代の日本を守りたいんですわ」とか、あまりの媚びように驚いた。毒舌を装いつつ、実は弱い者をいじめてるだけの感じがする。探偵ナイトスクープも見る気がしないな。

[No.2632]

サンドイッチマンや、有吉が冠番組持つようになってきたから、それに比べたら、確かに芸歴長いから、大物ぶりたいのも、一理あるとは思うよ。あの、ギャグに見せかけてキツイこと言ったり、手下をなぶり者にして、笑いを取るやり方は、汚らしいのと昔から性格の悪さが前面に出ていて、大嫌いなので、彼の番組は見ませんけど。

[No.2631]

松本人志って「大物」みたいなポジションで仕事したいんでしょうね。「映画監督」は何作作ってもダメだったから、他で。

[No.2630] 探偵ナイトスクープ

西田敏行が11月で辞めるらしいです。歩けない?のか、あぐらを組んでた。後任は、松本人志?
ちょっと、見る気なくなってきた。

[No.2629]

2622、2624、2626はいつも男性コーナーで暴れてるおじさんっぽいな。
同一人物か、事務局に連絡して、IPアドレスを調べてもらえばわかるけど。

[No.2628]

> 2626 大企業批判は男性のコーナーでしょう。ここはOL専門、変なこと言うんですね。男性ならご遠慮ください。

[No.2627] スカッとジャパン

「スカッとジャパン」は、店長に不満がある店員、園長に不満がある保育士などがよく出てくるけど、自分では、店長や園長には何も言わないんだよね。で、なぜかいつも、関係ないおじさんやおばさんが出てきて、店長や園長に皮肉を言って終わり。「それ以降、店長(園長)は大人しくなりました」と言うパターン。「日本的」というのは、空気を読んで自分では言わないことを指してると思う。まあ、事を荒立てないことは、いいこととも言えますよ。肯定でも批判でもなく、そういう現象を「日本的」って言ってるだけだと思う。

↑PAGE TOP


モバイル

QRコードで、アクセス!

会社生活の友 QRコード

http://kaishaseikatsu.jp/m/

そうだ京都、食べよう。