TOP > 気になるニュース 〜世の中を語ろう〜

気になるニュース 〜世の中を語ろう〜

消費税問題、年金問題から環境問題まで、サラリーマンにとって気になるニュースについて、生の言葉で熱い討論を繰り広げませんか?

※投稿されたみなさまへ(2016.4.15)

いつも投稿をありがとうございます。

意見が対立する双方の方からメールをいただきました。 一方の方は「ネカマ(原文ママ)投稿を調べてほしい」、ネカマと名指しされた方は「それは決め付けなので一連のやり取り全てを削除してほしい」というものでした。

当サイトとしては勿論「女性限定コーナー」は女性に投稿していただきたいのですが、あくまで自己申告制であり、投稿者の性別をその都度チェックしているわけではありません。
今回はご指摘があったのでIPアドレスを調べましたが、このコーナーで「俺」と書いてる方が、確かに女性限定コーナーにも投稿されておりました。

しかしながら、今回は削除までは行なわず、「今後はお控えいただきたい」とお願いするに留めることにいたしました。

みなさまを信頼した上でのサイト運営ですので、どうかよろしくお願いいたします。

気になるニュース

気になるニュースについて思うことをどうぞ!

みなさんのコメント

[No.10030]

ほんとですね。日本の7月は今や亜熱帯みたいな季節。なぜそんな時期にやらなければいけないんだろう?

[No.10029]

東京に集中した施設を増やすなんて、オリンピック終了後、ホントに使うんだろうか。ン万人も収容するスタジアムなんて、維持費が莫大になるだけ。その維持費で、体育館の冷暖房、お手洗い等、お湯が出るようにして欲しい。
オリンピックは、10月が日本は良い季節なのに、なぜ、7月開催なんだか。IOCの言う事も、自分たちのバカンスの時期に合わせたのが見え見え?開催できるような財政内容というので、東京を選んだと言われても、負担額を考えたら、IOCの言うようなものは、自粛してちょうどいいのでは?

[No.10028]

そう!国の見栄でやっても、それが経済発展につながる時代なら良かったかもしれないけれど、今はそうじゃないんだから、当初の宣言通り「コンパクト五輪」を目指すべきだと思いますね。「そうは言ってもこれ位はやらないと恥ずかしい」とか、そういう、お葬式費用で見栄を張るような発想はもうやめて欲しいですね。

[No.10027]

災害時にお世話になる全国の体育館の設備を良くした方が、国民にとれば、税金の有効利用という気がする。オリンピックは、見栄を張らずに、最低限で対応して欲しいもんですね。今の10分の1の予算くらいでちょうどいい。

[No.10026]

スポーツで身を立てる事と豪華な施設を必要とする事はイコールじゃないですよ。立派な施設じゃないと嫌だというようなスポーツ協会はいりません。

[No.10025]

アスリート=神聖、お笑い=汚れ、なんですよ。

[No.10024]

スポーツで身を立てる人に税金投入が必要って言うんなら、お笑いで身を立てる人、歌で身を立てる人、みんなに税金投入してあげなきゃ不公平では?

[No.10023]

お金のことなんてわからないも〜ん。でもスポーツは素晴らしいも〜ん。感動をありがとう…ってか?

[No.10022]

オリンピックにいくら使ってるか、東京都の予算は年間いくらか、把握してからそういう甘いこと言ってますか? スポーツで身を立てる人って人口の何百万の一かも把握してね。アテナとリオなんてオリンピックのために財政破綻を招いてるし、パリとロス市民も半数もオリンピックに反対してる。そういう現実の厳しさ、わかってる?

[No.10021]

オリンピックは、四年に一度しかない物で、残りの三年は、オリンピックに関係ない人達のためにお金が使われるのに、そのたった一年も、辛抱出来ないんですか?

[No.10020]

お金の使い途として、オリンピックで自分がその恩恵にあずかれない、得をしない人達は、そうやって、全員文句をいうものなのかもしれないけど。だったら、スポーツで身を立てる人達の将来を潰してもいいのかって話にもなると思うんですよ。勉強は何も出来ないけど、スポーツの才能はあって、オリンピックでメダルをとれたら、チャンスがつかめるかもしれない人達は、オリンピックで得をしないから、気に入らない人達の犠牲にならなきゃいけないんですかね?

[No.10019] オリンピック予算

スポーツに対する理解って言うけど、多大な税金を使ってやる事業である以上、公共の利益に貢献することが大前提でしょう。東京都には、税金を使ってやらなければいけないことが山のようにあります。パリやロスで反対運動が起こってるのはその点。お金が無い以上、ひと夏だけのイベントと、人々の暮らしとどっちが大事なのかと。

[No.10018]

でも、それを言ってる人達の方が多分、守銭奴扱いで、スポーツに対して無理解な、デリカシーのない人達と思われてるよ。

[No.10017] 10014

アスリートがその後の人生のために顔を売るチャンスを、税金で作ってあげる必要はないよね。

[No.10016]

アテネやリオは、明らかにやるべきではなかったですね。ロンドンも、オリンピックが好影響をもたらしたという世論は少なく、「国際交流より国内経済だろう」の声が高まってEC脱退につながりました。東京オリンピックも、本来ならやるべきでなかったのでは?

[No.10015]

体裁や見栄でやる、できるような、そんな暢気なものだろうか? 日本で言えば大昔のように、オリンピック→万博→経済発展、には今さらならないと思うよ。むしろ「コンパクト五輪」とウソをついて誘致して、結局は散財した悪影響で、作った建造物の維持費などに苦しむことになると思う。パリもロスも「そんなものに税金を使うな」という声が多いし。

[No.10014] オリンピック

まー、お祭りと言えばそうだし、国同士の見栄の張り合いと言っても正解だろうし、アスリートの人達には、メダルを取って、その後の人生を変える転機なんだろうし、いろんな思惑が絡むのは仕方ない気がする。紀元前から延々続く、世界中の人達が注目するイベントだから、開催する国は、治安も財力も、ある程度持った所じゃないと無理な話だろうしね。損得で考えたり採算云々より、国の体裁や見栄の方が優先されるのは、仕方ない気がする。

[No.10013]

日本も結局、東京都、国、東京近隣県で、費用の押し付け合いしてるじゃん。「おもてなしー」とか騒いでたけど、だんだん後悔が押し寄せてる感じがする。

[No.10012]

「国の宣伝」という意味なら、日本はインバウンドが増えてるからオリンピックはあえて必要無いし、確かに「公金の浪費」という面が強いね。アテネもリオも、たったひと夏に莫大な費用を散財したツケは大きく、経済的にはかえって悪くなった。

[No.10011] オリンピック

2024年はパリ、2028年はロスに自動的に決まる公算が大らしい。他に立候補する都市が無いから。IOCのバッハ会長は「世界的にはオリンピックは、国と財界が結託して公金を浪費する事業と見られている」と発言。東京オリンピックも、他国から見れば足してうらやましくないのかもね。

[No.10010]

高市さん、7/19(水) 夫と「政治的スタンスの違いが生じ、それぞれ信念を貫いて政策活動に没頭したい」から離婚だって。右翼を貫くのも大変だ。

[No.10009]

稲田防衛相や、高市早苗総務相は、「女性活用」っぽく見えるし、何より右翼思想で共通するから、無能でもなんでも擁護し続けるのでしょう。

[No.10008] 稲田防衛相

またトラブル、安倍総理はこういう無能な大臣をいつまで擁護し続けるのか?

[No.10007]

内閣支持率が、29.9%と、30%を割り込んだから、そろそろ、解散、総選挙になるんじゃないかな。在任中にその問題を追及する形になるかどうかはわからないけど、政権維持は、そろそろ無理になってきたんじゃない?(笑)

[No.10006] 森友問題の8億円値下げ、加計問題の違法認可

森友問題では「籠池氏」、加計問題では「前川氏」を「うさんくさい」と強調して、自分たちの違法を無かったことにしようとしてるのが安倍政権ですね。籠池氏や前川氏が問題あるなら、それはそれで指摘すればいい。森友問題の8億円値下げ、加計問題の違法認可は、それとは別問題でしょう。

[No.10005] 安倍昭恵

公務員2人同行させて大阪行って、籠池氏とステーキ食べたり、バレるまで彼女がやってたことは公私混同の極み!

[No.10004]

「総理夫人」ということで、勝手に「私人としての行動(総理談)」に同行させて、周りも「総理夫人」ということで、「おかしい」と思いながら黙認だったのでしょう。森友問題が無ければ、きっと今も同行させてると思う。ひどい話。

[No.10003]

公用車は、議員さんの足ですけど、休日の公務員同伴は、誰でもが出来る事じゃなく、ちゃんと許可がいるのでは?お役所仕事なんだから、書類は残っているでしょう。

[No.10002]

違いは、舛添さんは自民党に嫌われていたのでかばってもらえなかった、安倍夫人は菅官房長官以下、党全体でかばってもらえたってことでしょう(笑)。

[No.10001]

舛添さんが公用車を私用に使ったのと、安倍夫人が公務員を私用に使ったのは、何が違うんだろう?

↑PAGE TOP


モバイル

QRコードで、アクセス!

会社生活の友 QRコード

http://kaishaseikatsu.jp/m/

そうだ京都、食べよう。