TOP > 気になるドラマ 〜OL限定部屋〜

気になるドラマ 〜OL限定部屋〜

TVドラマは、OLにとって大きな楽しみ。注目のセリフ、注目のファッション、いろんなものが溢れている。
全国規模でドラマについて語り合いましょう!

気になるドラマ

そのドラマについて貴女が思うことをどうぞ!

みなさんのコメント

[No.2076] 西郷どん

出演者全員が、パターン的なアクセントで、薩摩→「じゃどん おいは●●もはん」ばっかり、土佐→「ちっくと●●するぜよ」ばっかり、新しい解釈も何も無し。林真理子が「大河ドラマの原作者」というハク付けのために、出版社から手を回して、獲得しただけの仕事に見えます。そもそも、幕末のことなんてまったく興味無かったはず。

[No.2075] 西郷どん

大河ドラマというより、
「戦国鍋TV(なんとなく歴史を学んだ気になる)〜幕末・豪華俳優バージョン」みたいになってる・・・

[No.2074] この世界の片隅に

早くも今日はこれから最終回放送。毎回、「え?もう終わり?」と思うドラマ。
小姑がヒロインに三編みを結ってやりながら、語りかけるシーンが良かった。
あと、伊藤さり演じる、お友達が光っていた。右手を失い、ふさぎこむヒロインに「悔しかったら残った左手で、殴り返してみろ!」とヒロインにポカリと一発、女3人で泣きながら抱き合うシーンに泣いた。
こういう役が似合うね、伊藤さり。

[No.2073] 連続ドラマの「最終章」?

最近のドラマ、最終回でもないのに、どれも「最終章」「結末は?」と煽るのがイヤです。

[No.2072] 満願

やっぱり、よくわからなかった。
で、家宝の掛け軸を守るため、家庭を壊して殺人事件まで起こすかという疑問が残ります。
女将の家庭生活は破綻しており、離婚をするにも出来なかったということで、何か事件をおこし、
題名の満願は、願をかけて成就させるという意味?なら、主人公の女将の願掛けは成就したという事なのかな?ドラマを見てない人には何を言っているのか分からないですが、どなたか、どう読み解いたのか、教えてください。

[No.2071] 万灯

米澤穂信短編ミステリー「満願」がラジオで絶賛されていたので、読んだ。どれも後味の悪いミステリーと思う。根底にあるものは、情緒もなく、ドライさを感じて、これが今のベストセラーかと思うとこんなもんかとも思う。今の世の中を反映しているんだろうか。3夜連続でドラマがあるらしいから、続けて見てみるだけでも見たい。

[No.2070] 松岡昌宏さん主演の時代劇「遠山の金さん」

3時間7分の長いドラマでしたが、粋のいい金さんでした。内容はそう目新しくないけど、お白州での裁きがいつも簡潔すぎて、ん?という感じなので、桜吹雪を出すタイミングがこれならまだ分かると思った。悪商人が使っているアンティークの硝子とか、外の風景がきれいなところや実際にロケしている所が良かったと思った。

[No.2069]

沢尻エリカや綾瀬はるかが母親役になってきて、どちらもいいですね。

[No.2068]

アクションもの、三枚目役、普通のヒロイン、どれもできる貴重な女優さんだと思う。

[No.2067] 義母と娘のブルース

綾瀬はるかのドラマはどれも面白いですね。

[No.2066]

その費用もどうせNHK持ち(受信料)なんでしょう。林真理子の名誉のために馬鹿馬鹿しい。

[No.2065]

林真理子、土曜スタジオパークで偉そうに「歴史に関してほ本を読むだけでは追いつかないので数人のスタッフを付けた」とか言ってた。そんなこと他の作家はしないから、強引にやらせたんでしょう。興味ないことを書かなきゃいけないから、付け焼き刃で対応した、ってことじゃん。

[No.2064] 西郷どん

正統歴史ドラマとして見ると、元々、歴史なんて興味のない林真理子が「大河原作」という名誉のために自ら売り込んだ仕事だから、歴史的事実の並べかたすら怪しいヒドさ。かといって現代的な切り口があるかと言えば、ひたすら西郷に都合の良い妻などが出るだけで、マンネリ。愚作だと思う。

[No.2063] Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

「ドクターX」みたいな感じを菜々緒で狙っているんだろうけど、脚本がイマイチ…。

[No.2062]

それなら、史実の再現みたいな題名はダメだと思う。なんせ、林真理子の脚本だから、何でもアリなんでしょう。興味が失せる・・・

[No.2061]

大河ドラマの建て前だよねー。明治維新モノは「徳川の悪政を終わらせるため」、戦国時代モノは「戦のない世を作るため」…そういう事にしておかないとヒーロー物語にならないから。

[No.2060] 西郷どん

西郷隆盛を「庶民の代表」みたいに描くのは絶対間違ってる。彼は武士階級だし、薩摩藩のために政権交代に尽力したに過ぎないし、事実、その後の薩長による藩閥政治の弊害は計り知れない。

[No.2059] バイプレイヤーズ

漣さん(つい、こう呼びたくなります)、最終回を涙して、笑いながら、見届けました。漣さんも、きっと、見ていましたよね。まさかの大杉漣記念館構想、素敵です^^ロケ地の島ハウスと前作のシェアハウスに行ったら、漣さんが居そうな気がします。そして、漣さんの置手紙。バイプレメンバーの表情から、「そのあと」なんだ・・と思いが伝わってきました。このシリーズで、バイプレ俳優さんの存在の大きさを実感しました。これから、作品を見る楽しみ方が増えました。ありがとう^^

[No.2058]

「西郷どん」は、ほんと、マンガだよね。林真理子とか、あと百田尚樹みたいな広告/バラエティ系の人が、受け狙いで「歴史」「戦争」を書かないで欲しい。「永遠の0」もそうだったけど、ほんと「現代的にアレンジ」して、「泣かせの場面」をたくさん作ってるだけ。テレビ局や出版社も、視聴率や発行部数が大事だからと言って、そういう方向に走るのはやめて欲しい。

[No.2057] 西郷どん

原作者が、林真理子だと聞いてから西郷どんを見ると、浅い感じが漂ってきて,見る気が失せた。
ルンルン気分の女性を男性に置き換えただけのように歴史小説も書いているのでは?と思う。

[No.2056]

見栄と野心だけの人。林真理子は週刊誌に掲載する 自分の写真について異常なほど注文をつけるそうで(細工しろとか)、なるほどと思った。

[No.2055]

林真理子は現代小説だって軽薄ですよ。「下流の宴」とかいう小説を発表する時のインタビューで、「うちの近所の(と言ったところで口をつぐみましたが)高級住宅街で名家の息子さんが太ったヤンキーみたいな女と結婚した。名家の息子でもフリーターだからこの程度の女と縁組するのか、と思って書いたのが「下流の宴」です」だって。「名家」「この程度の女」って、そんな表面的なことだけで何がわかるのだろう。この人って、愛情がわかるのだろうか?

[No.2054] 西郷どん

林真理子原作のせいか、ただただ「歴史を現代的にアレンジする」ことばかりのドラマでくだらない。島津斉彬が父とロシアンルーレットをするわけがない。林真理子に歴史小説は無理。

[No.2053]

くらい

[No.2052] anone

脚本が難解過ぎるのでは?

[No.2051]

そう言えばそうだ。10年前のキャストをよく覚えてますね。

[No.2050] 西郷どん

「篤姫」と同じ時代のお話で、キャストも瑛太、松坂慶子…と共通の人が多いですね。篤姫役は、宮崎あおいから北川景子へ(笑)。

[No.2049] フリンジマン

愛人づくりに右往左往する男性陣、アホアホすぎて愛おしい。わにとかげぎすに出演してた、ダーク役二人が、コミカルな約で落差が楽しい。

[No.2048] おんな城主 直虎

柴咲コウのセリフが「ベルサイユのばら」でオスカルが母に語った台詞の盗作では?と言われてますね。大河ドラマの女性脚本家って、上野樹里の「江」の時(田渕久美子)のゴーストライター騒ぎと言い、トラブルが多いですね。

[No.2047]

若いプロデューサーが、60歳=お爺さんと考えて作ったのでは?

↑PAGE TOP


モバイル

QRコードで、アクセス!

会社生活の友 QRコード

http://kaishaseikatsu.jp/m/

そうだ京都、食べよう。